★視覚障害者クロスカントリー大会は、毎年10月最終日曜日の開催です★

 

次回の第3回は、2019年は10/27となります。

第2回大会 レポート

【レポート】

 10/28(日)朝9時、気温6℃、晴天、北北西の風、風速約6m、海抜約850mという状況下で、予定通り12時にスタート、すすきの茂る大草原を走りぬけて行きます。南には根子岳、北東には九重連山が秋晴れの空気に、より鮮明に映し出されています。

思わず走るのを止めて見入ってしまうほどの見事なコースです。しかし、実際に走ると意外と過酷、アップダウンを繰り返しながら蛇行する草地は、ロードレースのマラソン感覚で参加された方には、予想外に体力を消耗させた様子でした。

 

 今回は、後援を頂いていた日本ロービジョン学会から会長で東京大学眼科医医学博士の加藤 聡先生が視察に来られ、日本でこのような大会が出来るのは、大変意義があり、これからも応援したいとのお話がありました。

 

事故も無く、参加者に喜んで頂が、スタッフの励みになります。

また、来年も阿蘇に来て是非ご参加下さいますよう、心からお待ちしてます。

 

【参加者の所在地】

 大阪府、岡山県、福岡県、大分県、長崎県、宮崎県、鹿児島県、熊本県

 

【年齢】

 最高齢者:72歳、若年者:12歳。

 

【入賞・記録】

 各コース男女それぞれ1、2、3位、合計9名が入賞され当日表彰し、記録証は後日各自に郵送されます。

 

 

第2回 視覚障害者クロスカントリー大会in ASOの公式ポスター

第2回大会 アルバム